ショップからのお知らせ

5/3〜5/6 GW休業のおしらせ

5/3(木)〜5/6(日)は、休業させていただきます。

●ご注文の商品の発送について
販売サイトでの受付は24時間承っておりますが、5/2(水)〜5/6(日)のご注文分・ご入金分は、5/7(月)以降の出荷処理となります。

●お問い合わせについて
休業期間内は、電話でのお問合せ・ご注文はお受けできませんので、あしからずご了承ください。
メール・FAXでのお問合せ・ご注文は随時受け付けておりますが、ご返信は5/7(月)以降の対応となります。

 (18/04/23

【重要】類似サイトにご注意下さい!

最近、弊社管理の販売サイトと、店名やデザインが酷似した販売サイトが報告されています。

●当店のURLは、です。
 同一の店名であっても、これと異なるURLを使用して運営しているweb店舗とは、一切の関係はございません。

●販売業者は「エルゴデザイン(株)アフィリエイト事業部」です。
 同一の店名であっても、弊社以外の販売業者によるweb店舗とは、一切の関係はございません。

●なお、弊社管理以外のweb店舗で発生した不具合・不利益につきましては、弊社では一切の責任を負いかねますので、あしからずご了承ください。
 (14/01/30
  • 【ホーム】
  • >  ルクルーゼ製品 よくあるQ&A お手入れ編

ルクルーゼのホーロー製品 よくあるQ&A 【お手入れ編】

ルクルーゼの鍋やフライパンをお使いになるうえで、疑問に思っていること・不安な点をQ&A形式で説明いたします。
>>> 調理でのご使用に関するQ&Aは、こちらをご覧ください。

ホーローを長持ちさせるにはどうしたらいいですか?

ホーローの大敵は、キズと急激な温度変化です。

金属製のたわしや粒が粗いクレンザー、研磨剤入りの洗剤・たわしはキズの原因となるので使用しないようにしてください。
火から下ろした直後に水や濡れたふきん等で急激に冷却させると、ホーローを傷める原因となります。乾燥のための空焚きも同様に破損の原因となりますのでおやめください。(自然冷却・自然乾燥でお願いいたします)

食器洗浄機・乾燥機でも使えますか?

使用できますが、注意点があります。

1:食器洗浄機には、鍋単独で入れてください。他の食器などに触れて、キズが付く場合があります。
2:食器洗浄機の洗剤は、研磨剤や漂白剤が入っていないものを使用してください。

汚れや焦げ付きがひどく、なかなかスポンジで落とせません。

食材による汚れであれば、以下の方法をお試しください。

鍋に重曹を少量(小さじ2〜3杯)加えた水を弱火で沸かし、しばらく放置してから中性洗剤とスポンジで洗ってください。汚れが酷い場合はこの工程を2〜3回繰り返してみてください。
汚れ・焦げ付きはキッチンペーパーに重曹をつけて洗うか、ルクルーゼ「ポッツ&パンズ クリーナー」を使うことでキレイに落とすことができます。
無理に木ベラや硬いタワシで焦げ付きを取り除くと、ホーローに傷がつく恐れがあります。
また、焦げ付きが残ったままの私用はホーローを傷める原因となりますので、都度きれいに取り除いてください。

食材がくっつきやすく、こびりつきやすくなってきたのですが……

ホーロー表面に負担がかかっている状態が考えられます。

強すぎる火加減、空焚き、上記の急激な温度変化、金属性ツールや洗浄具の使用によるキズ付きによって、ホーローの表面が剥がれたり光沢が失われたりしたために、食材がくっつきやすく焦げがこびりつきやすくなります。

ポッツ&パンズクリーナーはどう使えばいいの?

少量ずつ、乾いた状態でお使いください。

「ポッツ&パンズ クリーナー」は、鍋についた水分をふき取り、鍋が乾いた状態で使用します。
乾いたふきんやキッチンペーパーに十円玉くらいの量を取り、汚れた部分をこすってください。
スポンジや濡れた布、鍋に水分が残っている状態で使いますと、クリーナーが希釈されてしまい、効果が半減します。

鍋底の汚れが付着して取れなくなってしまいました。

ホーロー表面の光沢が剥がれ失われてしまった可能性があります。

その場合、削れてしまった箇所の隙間に食材の色素やアク、シブなどが入り込んで、重曹や専用クリーナーでも取れない場合もあります。ただし、ホーロー鍋の性能自体が損なわれてしまったわけではありませんので、引き続き問題なくお使いいただけます。

表面にひびが入ってしまいました!もう使えないの?

まずは、ヒビの度合いをご確認ください。

土鍋のような表面の細かいひび割れ(マイクロクラック)は、鋳鉄とホーローの膨張率の差によって起こる現象です。引き続きお使いいただけますが、ホーローの剥がれの原因となりますのでご注意ください。
鋳鉄部分までひび・亀裂が入ってしまった場合は、お鍋が割れてしまっているのと同様の状態です。そのまま使用されると調理中に鍋が破損してケガの原因となりますので、絶対に使用しないでください。

← 前のページに戻る | 調理に関するQ&Aへ →

このページの先頭へ
ギフトdeルクルーゼ お買い物について